" [Our favorite knit]ニットの基礎知識[ニット用語-か行/こ-]

ニット用語(50音順)

引用:ニットウエア ハンドブック改訂版

あ行   |  |  |  |  | 

か行   |  |  |  |  | 

さ行   |  |  |  |  | 

た行   |  |  |  |  | 

な行   |  |  |  |  | 

は行   |  |  |  |  | 

ま行   |  |  |  |  | 

や行   |  |  | 

ら行   |  |  |  |  | 

わ行   |  | 

【こ】

コア・スパン・ヤーン(Core-span yarn)

スパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)を芯糸に、他の繊維が鞘(さや)になるようにスパンデックスと撚りあわせた糸。 伸縮性を自由に調整することができるため、細い糸からバルキー性に富んだものまで作ることができる。 このため製品としての用途も、伸縮性のあるエラスチック織物全般から、セーター、あるいは靴下などのニット製品まで幅広い。

ゴア・ライン(Gore line)

ソックスの部位名称のひとつで、つま先および踵(かかと)を成型することで生じる線のこと。

酵素加工(こうそかこう)

酵素を活用することによって、その繊維の特性などを活用する加工。 代表的なものに、セルロース系繊維で、独自の特性を持つ「テンセル」や「リヨセル」がある。

交編(こうへん)

2種以上の繊維を混ぜて編み立てること。

コース(course)

メリヤス編における横に並んだ一連のループの列。

コース・ゲージ(Coarse gauge)

ファインゲージの反対語で、1.5ゲージ、3ゲージといった粗いゲージをいう。 中間がミドルゲージ。ざっくりとしたセーターがコースゲージの特徴。

コース数(Number of course)

メリヤス編みにおける密度を表す単位で、横方向のループ段数をいう。

コットン・シャツ(Cotton system shirt)

横編機またはフルファッション編機で編んだ成型下着。 コットン式編機で編まれた肌着という意味でから発生した用語で、コットンは綿を指すわけではない。

コーティング加工(Coating process)

後加工の一種。 加工後は生地が水を通さない、暖かいなどの特徴があり、防寒用やレインウエアで使われる。 加工法はラッカーオイル、レジン、合成レジン、ビニール化合物、セルローズ、ゴムなどを用いて織物、ニット地に被覆仕上げをする。 素材は綿、ナイロンレーヨンなどに広く利用されている。

コーデュロイ(Corduroy)

ベルベットベロアと並ぶ有毛生地で、畦状の表面が特徴。 主にカジュアル素材として使用される。 コール天とも呼ばれる。 ニットでは、経編あるいは丸編で商品化されている。 パイル編地を起毛、シャーリング加工したものが一般的である。

コード編

経メリヤス、トリコットラッシェル組織の一種で、各ラッピングにあたり針1本飛び越して3本目の針にラップされるシングル・コード編と、シングルコードが重なった柔らかい風合いの編地のダブルコード編とがある。 前者は1枚筬、後者は2枚筬。

コーマ糸

コーマを通して作った糸(主として綿糸の場合)。 精梳綿糸ともいう。 コームドヤーンが正しい呼び方。コーマ掛けによって短い繊維を削り落したもので、ニット、縫糸、レース、高級綿布などに用いる。。

ゴム編(Rib stitch,Rib knit)

「2列針と表目と裏目のウエールを交互に配列した組織(ヨコ)」。 表目のウエール(wale、縦方向の編目の列)と裏目のウエールとが交互に配列された組織。

ゴム編機(Rib knitter)

丸編機の一種で、フライス機ともいい、ゴム編その他、あぜ編を編む機械。 外観は両面機とほぼ同じ様であるが、表を編む下針(ベラ針)がシリンダーに真っすぐに配列され、上ダイアルには畦編目(裏目)を編む上針が両面機と同じように水平放射状に配され、 シリンダーの回転によって、シリンダー・カムに下針バットが作用され、また同時に上針のバットがダイアル・カムで作用されて下針と一致して動いて上針と下針が直角に交差し、糸が供給される。 表目のウエール(wale、縦方向の編目の列)と裏目のウエールとが交互に配列された組織。

ゴム糸(Rubber yarn)

糸状のゴムの周辺に、綿糸その他の糸を巻き付けた糸。 芯になるゴムには、角ゴムとラテックス(丸ゴム)の2種があるが、ラテックスの丸糸の方が多い。

ゴム引き手袋

塩化ビニールのかわりにラテックスゴムを特殊配合して、塗布した手袋。 このため物を持った時にすべらないのが特徴。 作業用手袋の一種。

コルセット

胸部の下から腰部にかけてのボディーラインを整える婦人用下着の一種。 フランスではコルセと呼ばれている。

コーン(Cone)

木管または紙管などに糸を円錐状に巻いたもの。

コンジュゲート・ヤーン(Conjugated yarn)

合成繊維の熱可塑性を利用してフィラメント糸に捲縮を与え、嵩高性と伸縮性をつけた糸をテキスチャード加工糸という。 その加工法の一つが複合捲縮で、コンジュゲート・ヤーンといわれているもの。 すなわち、性質の異なる2種の合成繊維を同時に紡糸して1本の糸にしたもの。 2週のうち、いずれかた熱で収縮し、糸に捲縮が生じるために伸縮性と嵩高性が生まれる。

コントラニット

本来、水平方向だけにしか動かない丸編機のシンカーを、上下方向にも動かすことで、べら針のストロークを短くするニッティング・システム。 編針が下がる時にシンカーがあがり、逆に編針が上がる時にはシンカーが下がることで、編針の所要ストロークが短縮されると言うのがその基本原理。 編機のコンパクト化と高速化につながる他、生地傷の減少や風合いのソフト化などといった特徴も得られる。

コンパウンドニードル(Compound needle)

織物が経糸緯糸を交錯させて布を作るのに対し、編物は編針を使い、編目(ループ)の編成によって布を作っている。 コンパウンド・ニードル(複合針)はその編針の一種で、従来から用いられているべら針、ひげ針などに比べて、高速回転の編目編成を可能にしたのが特徴。 この生産性が注目され、トリコット(経編機の一種)機では、急速にコンパウンド・ニードルに切り替わっているほか、横編機でも活用されだした。

コンビ手袋(Combi gloves)

2種類以上の異質の生地を縫い合わせて作った手袋。 手袋は防寒、衛生、装飾、作業用などがある。 織物とトリコット、皮革とジャージー、合成皮革と織物などいろいろな組み合わせがある。

コンビネーション(Combination)

シャツとズボン下が一連になった下着のこと。

コンベンショナル・ストッキング(Conventional stocking)

シームレス・ストッキングの一種で、爪先およびかかとを成形編成することができる機会を利用するもので、製品の仕上り外観が美しいだけでなく、足へのフィット性に優れている。 ただ、ヒール、トゥの成形編成に当たって、シリンダーを半回転往復運動させるために、生産性はやや落ちる。

コンポーネンツ・カジュアル(Component casual)

単品の組み合わせによるコーディネート・カジュアル。

カスタム検索

ニット用語(50音順)