" [Our favorite knit]ニットの基礎知識[ニット用語-さ行/し-]

ニット用語(50音順)

引用:ニットウエア ハンドブック改訂版

あ行   |  |  |  |  | 

か行   |  |  |  |  | 

さ行   |  |  |  |  | 

た行   |  |  |  |  | 

な行   |  |  |  |  | 

は行   |  |  |  |  | 

ま行   |  |  |  |  | 

や行   |  |  | 

ら行   |  |  |  |  | 

わ行   |  | 

【し】

シェイプド・トップ(Shaped top)

身体の線にぴったり沿って作られた上衣のこと。 ウエストを絞り、身体に沿わせたスリム・シルエットのシェイプド・ジャケット、シェイプド・パンツなどがある。 伸縮性のあるストレッチ素材を使ったものが多い。

シェル編(Shell stitch)

トリコット編の一種。 糸抜きをした1枚筬(おさ)でシングルバンダイク編を編みながらタックして表面に凹凸を出した経編組織。 バンダイク編は、一重アトラス編(Single atlas)ともいい、連続して2回以上同一方向にラッピングが移行し、次いで反対方向に同一回数だけ連続移行して得られる組織のこと。 このうちシングルバンダイクは、1列の縦糸を数段ずつ移行、逆行を繰り返し、千鳥状に作られる組織。 タックによる凹凸で貝殻が並んでいるように見えるのがシェル編。

シック(Thick)

パンツ類の股のあたりに当てる布。 前股に当てるものを前シック、後股に当てるものを後シックといい、また、フォーク・ピーク(fork piece)ともいう。 近年は、粋な感覚のことを表す「シック(仏 chic)」と混同されないように、一般に襠(マチ、ゴアー=gore)と呼ぶ場合が多い。 襠は股当てに限定されるものではなく、実用的には衣服、袋物などの補強用の布などのことを指し、装飾的にはゴアー(ド)・スカートのようなデザインもある。

シープ・スキン(Sheep skin)

羊の皮のこと。 インド・ヤンピーと呼ばれるタンニン剤でなめされた羊の革のことも指す。 皮質も比較的上質で、柔らかいので衣料、手袋などに使われる。

シーミング(Seaming)

ニット製品の用語で縫い合わせること。 (1)オーバー・シーミング(編み端または裁断した部分を合わせて丸く縫い合わせる) (2)セルヴィッジ・シーミング(フルファッション編地の耳をその羊の皮のこと。そのループに関係なく縫い合わせる) (3)ポイント・シーミング(ループとループを合わせて耳を縫い合わせる) (4)シーミング・カバリング(オーバーロック縫いのとび出している縫い目の上をカバーする縫い合わせ方) など。

シーム(Seam)

縫い目のこと。シームの継体は素材、デザイン、場所により異なるが、構造上必要なものと装飾的なものとがある。 衣類は、一般にできるだけ少ないシームが望ましいとされ、なるべく目立たないようにつけられる。 しかし近年、シーム自体を変わりステッチなどで装飾化して扱う縫製法もある。 ストッキングの一部に見られるバックシーム、上着やパンツのサイドシームなど部分、構造などにより様々な名称がある。

シームレス靴下機(Seamless stockings machine)

K式婦人靴下機ゲージの細かいもの。 大体370本以上のものを、特にシームレス機といっている。 編組織は本来の天竺編以外にメッシュノンランレースなどの変化を出せる。 シームレス機には、コンベンショナル・タイプとチューブラー・タイプがある。

シームレス・ストッキング(Seamless stockings)

(1)背面に縫い目のない、丸編の婦人長靴下の総称。 ハイゲージK式靴下編機(=シームレス編機)で編み立てられ、シームレス靴下、シームレス・ホース(seamless hose)ともいう。 編目は通常平編だが、マイクロ・メッシュやノンランなどの編組織もある。 素材的には、ナイロンポリウレタンのカバリング糸使いのものが大勢を占めている。 (2)シームレス製品のうち、レングスが大腿部分までのもの。

シール編機(Sealskin fabric knitting machine)

立毛状シール生地(sealskin fabric)を編む丸編機。 シール生地は、アザラシのスキンに似せた毛並みに仕上げたもののことで、織物のビロード(ベルベット)のような外観を持っており、用途は衣料や玩具など。

紗編(しゃあみ、Tulle)

2枚筬による経編組織で、5または6角形の透かし目から出来ているもの。 トリコット機またはラッシェル機によって編成される。 亀甲紗ともいい、蚊帳(かや)地の他、レース編の地編とされる。

ジャカード編機(Jacquard knitting machine)

もともとは、変化組織や柄を作る為に用いられるジャカード機構を備えた編機をいう。 エレクトロニクスの発達に伴い、コンピューター選針制御装置が出現してからはジャカード編機はこの方式に切り替わった。

シャークスキン編(Sharkskin knitting)

経編の一種。 前筬を1×1トリコットとし、後筬をコード編にする逆ハーフと同一であるが、コードの方の飛びである浮き糸が長く、地編のトリコットに抱かれた安定性のある編地である。

ジャケット(Jacket)

短い洋服の上衣の総称。背広型をあえてブレザージャケットという。 これには、シングルとダブルの内合わせがある。

ジャージー(jersey)

外衣用ニット生地の総称。 正しくはカット・アンド・ソー(裁断して縫製する)によって製品化される生地。 用途はスーツ、ワンピースセータースラックス、スカート、スポーツシャツ、ポロシャツ、帽子、水着など広範囲にわたっている。

シャツ・カラー(Shirt collar)

オープンシャツやカッターシャツなど、メンズのワイシャツの衿型。 一般には衿腰があるものをいう。

シャツ・ブラウス(Shirt blouse)

シャツウエスト・ブラウスのこと。 男子のワイシャツのような形のブラウスで、シャツ・カラーや袖口のカフス、ヨークの切り替え、前立てなどにテーラードな感じを出している。

シャモア・クロス(Chamois cloth)

シャモア(Chamois)は、フランス語でカモシカ、またはその皮革のことで、シャモア・クロスはカモシカの皮に似せて起毛した綿織物または綿ニットのこと。 単にシャモアというときもある。

シャネル・スーツ(Chanel suit)

フランス・オートクチュール界のデザイナー、故ガブリエル・シャネルが創案したスーツ。 衿なしカーディガンタイプのジャケットとニーレングスのスカートとの組み合わせをベースとしたシンプルでエレガントなデザイン、厳選された素材使いなどを特徴とする。 ツーピース・スタイルの原点と位置づけられる。

縮絨加工(しゅくじゅうかこう)

毛織物などを湿らせた状態でもみ、組織を密なものとする加工。 獣毛、特に羊毛で作った織物やニットで行われる。 毛繊維が相互移動し、長さ、幅、布面などを収縮し、糸から毛羽が出てそれが互いにもつれからみ、緻密な構造となる。

繻子織(しゅすおり)

朱子とも書く。 織物の三原組織の一つ(織物組織)で、この織り方による織物の総称。 英語では絹製のものをサテン(satin)、綿の場合はサティーン(sateen)と呼ぶ。 経(たて)糸または緯(よこ)糸が表面に長く浮いて、一方向に渡っているように見え、 浮いている方向により経繻子(表繻子)、緯繻子(裏繻子)という。

ショーツ(Shorts)

短いズボンの総称。 女性用はナイロン製パンティー・ストッキングの普及により、吸汗性の高い綿素材を主体としたショーツが飛躍的に伸長した。 仕立ての傾向は、シルエットを損なわないようシンプルでコンパクト、伸縮性のある方向へ移行している。 ウエストや裾はかさばらないよう伸縮性のレースをつけたり、かさにならない縁取りをしている。 一方でランジェリー要素の強いショーツもある。 また、ジャマイカ・ショーツのように、短いパンツを総称してショーツということもある。

ショール・カラー(Shawl collar)

肩掛(ショール)を掛けたような衿をいう。後ろ衿ぐりから前の折り返しまで、やや丸みをもってなだらかな線をつくる。 特に長いものをヘチマカラーといい、ニット・ジャケットなどに用いられる。

シリンダー(Cylinder)

丸編機の針ミゾを外周にうがった円筒で、下釜ともいう。 普通円筒状のものを総称していう。

シルケット加工(Mercerization)

綿糸や綿織物など。セルローズ繊維製品を苛性ソーダの濃溶液で処理し、絹のような光沢を与える加工法のこと。

シンカー(Sinker)

編成要素の一種で、供給糸の針への分配、既成編目の保持、針の編目脱出の補助などを行う目的で針と針との間に設けられた薄い鋼板。

シンカー・パイル(Sinker pile)

針床のシンカーによってつくられるパイルをいう。

シンカー・ホイール(Sinker wheel)

吊機またはトンプキン機のシンカーを収めた車のこと。 ヘソともいう。

シンカー・ループ(Sinker roop)

ウエールをつなぐ弧状のループの谷。 ニット生地の編目で、環状の連続しているうち下方に向いている環をシンカーループという。 上方に向いているのはニードルループ。

シングル・アトラス(バンダイク)編(Single vandyke stitch)

経編の三原組織の一つ。フルセットのが数コースごとにラッピング・トラバースの方向を変えて、ジグザク編を行うものである。 このため編目が横編の矢振り編と同じ状態になり、比較的伸縮性のある編地が得られる。 上方に向いているのはニードルループ。

シングル・コード(Single cord)

経編の三原組織の一つ。 シングル・デンビーと似た編組織であるが、針に間隔をおいてラッピングするところから、やや厚みのある編地になる。 裏側にアンダー・ラッピングで長く経糸が横たわるため、編地の伸縮性が乏しくなる。

シングル・ジャージー(Single jersey)

ダブル・ジャージーに対する言葉で、一般に丸編機の台丸機、吊機などを用いた平編を基本とするジャージーを指すが、ミラニーズ機や1列針床の横編機で編んだジャージーもこれに含めることがある。

シングル・デンビー編(Single denbigh stitch)

経編の三原組織の一つ。 1枚ののフルセットで行う基本組織のプレーン編で広く利用されている。 編地がきわめて薄いため、裏地とかボンディング用として用いられるが、そのまま衣料用として用いられることはまずない。

シングル・ニット(Single knit)

緯編の三原組織平編ゴム編パール編を機械の面から分類した一つ。 針列が1列の編機で、編成された生地をいう。 丸編機では手編機のような1枚針床、またはVベッド機で片ベッドだけを使用して編成するもの。

ジーンズ(Jeans)

綿糸使いによる綾織の厚地で、ジーンズ・パンツとも言われている。 アメリカで生まれた農業用、作業用ズボン。

カスタム検索

ニット用語(50音順)